>

料理を作るのは大変です

料理の効率化には家電の力を

家庭での食事、特に夕食は、品数も多く、準備に時間がかかり勝ちです。
料理は複数のタスクを並行して進行することが時短のコツでもあります。
そのため、温度や調理時間を設定しておけば、スイッチを押すだけで自働的に調理を完了してくれる、調理家電は最適なんです。
調理家電には電子レンジやオーブンレンジ、圧力鍋やミキサー、ブレンダー等、様々なものがあります。
電子レンジは、ほぼどの家にも1台はある普及率の高い調理家電です。
火の通り具合を見ながら進めるフライパンや鍋を使った調理とは違い、セットしておけば目を離して他の作業を進めることができます。
圧力鍋は、圧力をかけているため、温度を上げる時間が、普通の鍋よりも短くて済みます。
加熱調理の時間を大幅に短縮することもできるんです。

ほったらかし調理家電の定番は

ボタン一つで圧力調理、無水調理、低温調理など、様々な調理方法を一つでこなす圧力鍋。
昨今は、どのメーカーからも便利な機能や、豊富な自動メニューを兼ね備えた機種が発売されています。
リーズナブルな価格帯で人気を博しているアイリスオーヤマの電気圧力鍋(PMPC-MA4-B)は、容量が4Lとたっぷり、その上、7種類の調理が可能で、自働調理メニューも90種類と、機能が充実しています。
炊飯からメインディッシュ、デザートまで1台で作れます。
また、蒸気で加熱する調理方法をとっているスチームオーブンは、食材の中まで熱が通りやすく、しっとりと仕上げることができます。
減塩、脱油効果が高く、ヘルシーな料理に仕上げることができます。
パナソニックの「Bistroビストロ」シリーズは、ひっくり返せずに両面焼ける「ビストログリル皿」を搭載。
上下段で同時調理できる「合わせ技セット」もついて、時短料理に一役買ってくれます。


この記事をシェアする